伊豆大島 地層切断面

伊豆大島 地層切断面

通称「バウムクーヘン」とも呼ばれる伊豆大島ジオパーク「地層切断面」です。
幾度なく繰り返された三原山噴火により火山灰が積み重なって作り上げられた地層の断面です。

昭和28年、大島一周道路の整備の際に偶然発見され、今では長さ630mにも及ぶ地層断面として人気の観光スポットや写真スポットにもなっています。

伊豆大島 地層切断面 (7 ダウンロード)